あご 乾燥

あごの乾燥対策について

■顎の乾燥を優しく潤す基礎化粧品ランキング

 

顎の乾燥にお困りの方は、「浸透力が高く」「肌を優しく潤す」基礎化粧品を選びましょう。

 

ディセンシア アヤナス

【あごがヒリヒリしたり皮むけしたりする方向け】
※肌の表面を守り内部を潤す特許技術採用

 

 

>>敏感肌を優しく潤す<<

 

ディセンシアは大手化粧品メーカーのポーラ・オルビスグループの「敏感肌専門ブランド」。

 

アヤナスは荒れた肌の表面をサッとカバーし守るポーラ研究所の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」を採用。荒れた顎の肌表面を素早くカバーし、守ります。

 

また、保湿力と浸透力に優れた「人型ナノセラミド」が配合されており、顎の肌の奥から優しく肌を潤し保湿バランスを整えます。。

 

敏感肌専門ブランドらしく、独自の刺激テストを採用しており、刺激成分が無添加ですので、すでにあごが赤くなっていたり、皮がむけてしまっている方でも安心して使えます。

 

ライスフォース

【顎の保湿が足らない方向け】
※ライスパワーNo.11が肌の奥まで浸透し潤いを与える

 

 

>>ライスパワーエキス配合<<

 

肌の奥まで浸透しやすい超微粒子成分、ライスパワーNo.11を配合している基礎化粧品。

 

肌の奥から保湿力を高める事はもちろんの事、セラミドを作る力を増し、自ら潤う肌作りを実現します。

 

保湿効果が抜群ですので、顎の乾燥はもちろんの事、顔全体の肌の保湿バランスを整えバリア機能を高めることができる基礎化粧品です。

 

ヤクルト イキテル

【顎やおでこなど部分乾燥が激しい方向け】
※乳酸菌で肌に良質な潤いを届ける

 

 

>>混合肌向け基礎化粧品<<

 

ヤクルトの乳酸菌技術を化粧品分野に応用した基礎化粧品「イキテル」。

 

お肌の内側の水分バランスを整え、顎の部分乾燥などの混合肌を改善します。

 

ヤクルトの乳酸菌技術を化粧品に応用した成分を採用しており、発酵エキスが主成分のため、粒子が小さくお肌の奥まで浸透し、内部からお肌を改善します。

 

 

■あごの乾燥対策

 

その1:乾燥している部分にはより保湿を

 

化粧水をつける際、頬やおでこは丁寧につけやすいのですが、顎というのは場所が顔の下の方ですので、なかなか丁寧にはつけていないという方が多いです。

 

化粧水は、おでこなど上からつけていく方が多いので、顎に来るころには化粧水が少なくなっていることも原因の一つです。

 

特に顎が乾燥する方は、意識して化粧水を2度づけすると保湿効果が高まります。手のひらを当てたときに若干吸い付くような感じになるまで化粧水をつけてみてください。

 

その2:適切な化粧水選びをする

 

あごやおでこなど部分的に乾燥を感じる方は、お肌の水分と油分のバランスが崩れている状態にあります。そんな混合肌の方は基本的に今使っている基礎化粧品がお肌に合っていません。

 

なじみのある基礎化粧品を変えるのはなかなか勇気が要りますが、思い切って変えてみるというのも肌質を改善する有効的な手段です。

 

本サイトでは以下に顎の部分乾燥など、混合肌を改善する基礎化粧品をご紹介していますので、良かったら検討してみてください。

 

 

顎だけが乾燥している、あごがヒリヒリして困っている、そんな顎の部分乾燥にはまずセラミドやライスパワーエキスなどの保湿成分であるを与えることが大事です。お肌の内部に保湿成分が浸透することによって、化粧水で与えた水分を肌の内部にキープすることができ、あごの乾燥を治すことができます。あと、あごの乾燥に悩んでいる方が気を付けなければいけないのが化粧水のつけ方。顔の上から下にかけて保湿していく方がおおいですから、手のひらについている保湿成分が、おでこや頬に吸収され、あごまで回らないという事があります。ですから化粧水を使う場合は、上からつけてもいいのですが、乾燥しているあごの部分だけ2回つけるなど、余分にケアをしてください。顎の乾燥は放っておくと、肌荒れを起こしたり、かゆくなったり、粉吹き肌になってしまうこともあります。気が付いた時点でしっかりと保湿ケアをするようにしてください。もしすでに顎が敏感肌の状態で乾燥に悩んでいる方は化粧水に含まれる成分にも注意が必要です。刺激成分が少ない基礎化粧品、また、アルコールなどの保存料が含まれていない基礎化粧品を選びましょう。